症状が改善してもわきがは再発するのか

わきがは、治療方法にもよりますが、再発する可能性が全く無いとは言い切れないのが現状です。
症状を再度引き起こす原因となり得ることとして、先ず手術の場合には、アポクリン汗腺の完全除去出来ないものがあること、アポクリン汗腺そのものの取り残しがあること、成長気前に手術を受けてしまうことが挙げられます。
その他、生活環境が悪いこと、再発する条件が整っている状態であること、自身をわきがだと思い込んでいる場合等も該当します。
手術や治療等で症状が改善した場合でも、再び症状を患うことが無い様にする為には、手術を受けるクリニックを医師の技術や経験、術後に充分幹部をしっかりと圧迫してくれるところ等から慎重に選ぶことは勿論、日頃の食生活を見直して体質改善に努めることもとても大切です。
手術となれば、ある程度の期間も費用も要する為、自身がわきがを再発したと気付いた場合には、自分自身が簡単で続けられる食生活の見直し等から始めてみることが推奨されています。

わきがの手術を行っても再発するか

わきがの根本治療として皮膚科での手術による汗腺の除去がありますが、これを行っても再発するケースがあります。
剪除法では、脇の下を3~5センチ程度切開し、皮膚を裏返して汗腺を確認しながら除去するため漏れが起きにくく、完治する確率が高いです。
また、健康保険を利用できるので費用を抑えられますが、術後の安静期間が必要になり、跡も残るデメリットがあります。
吸引法やレーザー治療も同様に切開を行いますが、切開の幅が小さくなるため跡も目立ちにくくなります。
しかし、これらは汗腺を目で確認していないため除去の漏れが起きる確率が上がり、再発の恐れがあります。
ミラドライのようなマイクロ波を使用して皮膚の切開を行わずに汗腺を破壊でき、跡の残らない治療方法もありますが、これも除去の漏れが起きるため、1回だけでは治療が不十分になる事があります。
手術方法によって再発率や費用、安静期間や手術跡の大きさなどに違いがあるため、これらを比較してどの方法で治療するか選びます。

pickup

石垣島のホテルを予約

最終更新日:2019/1/11